読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びったんびったん

ユーザビリティ・プログラミングについて。

npm メモ

npm のコマンドを目的別にまとめています。 npm は gulp にしか使っていません。

コマンドにはエイリアスがたくさんあるので使いやすいものを選びましょう。

npm のコマンドについて調べる
npm-index

パッケージを探す
npm

install

プロジェクトにパッケージをインストール
$ npm install --save-dev package-name

パッケージをインストールし、 package.json に書き出します。 package.json を使うことで同じ環境構築が次から楽になります。

--save-dev を指定すると開発するときに依存するパッケージとして書き出します。替わりに --save を指定すると公開するときに依存するパッケージとして書き出します。例えばソースの圧縮のような開発するときにしか使わないものには --save-dev 、サーバサイドで使うものには --save を指定します。

複数package-name をスペース区切りで指定してインストールすることもできます。

グローパルにパッケージをインストール
$ npm install -g package-name

-g を指定するとグローバル、何も指定しないとプロジェクトという意味になります。使い分けは、端末から直接コマンドを叩くときはグローバル、プロジェクト内の js から使うときはプロジェクトです。

プロジェクトが依存するパッケージをインストール
$ npm install

package.json 内のパッケージをすべてインストールします。 git clone の直後などに実行します。

ls

プロジェクトにインストールされている一覧
$ npm ls --depth=0

直接インストールした一覧が表示されます。--depth=0 を指定しないと、直接インストールしたパッケージが依存する大量のパッケージが表示されてしまいます。

グローバルにインストールされている一覧
$ npm ls --depth=0 -g

uninstall

プロジェクトからパッケージをアンインストール
$ npm uninstall --save-dev package-name
グローバルからパッケージをアンインストール
$ npm uninstall -g package-name

update

プロジェクトのパッケージをアップデート
$ npm install -g npm-check-updates

パッケージをアップデートしても package.json はアップデートされないようです。そのためコマンドをインストールします。

$ npm update
$ npm-check-updates -u

上記の2行のコマンドを実行すればパッケージと package.json がアップデートされます。一行目はいらないかもしれません。

グローバルのパッケージをアップデート
$ npm update -g

completion, config

$ npm completion

補完が効くようです。 Windows では動かないので試していません。

$ npm config ...

npm の設定が変更できます。デフォルトで使っています。